• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 防災・防犯 > 防災 > 風水害 > 水害への備え

ここから本文です。

更新日:2021年7月1日

水害への備え

焼津市洪水ハザードマップ

マップ表示避難所一覧避難時のこころえ|水害への備え|土砂災害ハザードマップ情報伝達

浸水災害への対応

排水を控える

大雨時には家庭からの排水は控えましょう。1軒1軒の家の排水が集まれば、相当な水量になります。

(イラスト)排水を控える

水位上昇に注意

日ごろから川の水位をよく観察しておきましょう。過去の水害事例などを参考にして、どの位の水位になったら危ないか、知っておきましょう。

(イラスト)水位上昇に注意

水防の準備

土のうなどを用いて、家への浸水を防止しましょう。

(イラスト)水防の準備

家庭での簡易水防工法

小規模水災で水深の浅い初期の段階で行えるものとして、簡易な土のうや水のうを置いて浸水を防止する方法があります。

簡易水のうの作り方

45リットル程度のゴミ袋を二重にし、中に半分程度水を入れます(持ち運べる重さにする)。

(イラスト)水のうの作り方

簡易水のうの利用方法

水のうは二段重ねができないので10センチメートル程度の水深が限界です。
隙間なく並べて浸水を防ぎます。

(イラスト)水のうの利用方法(1)

段ボール箱に入れるともち運びにも便利です。

(イラスト)水のうの利用方法(2)

排水溝をふさいで下水の逆流を防ぎます。

(イラスト)水のうの利用方法(3)(イラスト)水のうの利用方法(4)(イラスト)水のうの利用方法(5)

雨の強さと降り方の目安

雨の強さと降り方の目安1

1時間雨量(ミリ) 予報用語 降り方のイメージ 人への影響 屋内の様子
10~20 やや強い雨 ザーザーと降る 地面からの跳ね返りで足元がぬれる 雨の音で話し声がよく聞き取れない
20~30 強い雨 どしゃ降り 寝ている人の半数くらいが雨に気がつく
30~50 激しい雨 バケツをひっくり返したように降る 傘をさしていてもぬれる
50~80 非常に激しい雨 滝のように降る 傘は全く役に立たなくなる
80~ 猛烈な雨 息苦しくなるような圧迫感がある恐怖を感じる

雨の強さと降り方の目安2

1時間雨量(ミリ) 屋外の様子 車に乗っている場合 災害発生状況
10~20 地面一面に水たまりができる   この程度の雨でも長く続く時は注意が必要
20~30 ワイパーを速くしても見づらい 側溝や下水、小さな川があふれ、小規模のがけ崩れが始まる
30~50 道路が川のようになる 高速走行時ハイドロプレーニング現象でブレーキが効かなくなる 山崩れ・がけ崩れが起きやすくなり、危険地帯では避難の準備が必要。都市では下水管から雨水があふれる
50~80 水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる 車の運転は危険

土石流が起こりやすい。
多くの災害が発生する

80~ 雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要

資料:気象庁(2002年(平成14年)1月一部改正)

お問い合わせ

所属課室:焼津市建設部河川課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本庁舎5階)

電話番号:054-626-1118

ファクス番号:054-626-9416

Email:kasen@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?