• 子育て
  • 観光
  • 防災

ここから本文です。

更新日:2014年12月3日

避難時のこころえ

焼津市洪水ハザードマップ

マップ表示避難所一覧|避難時のこころえ|水害への備え土砂災害ハザードマップ情報伝達

早めの避難が大切です

浸水している箇所を移動するのは、思ったより大変です。
浸水深50センチ(成人男性の膝上程度)を上回ると歩行が困難になります。
また水中には思わぬ危険が潜んでいます。このため、以下のことを心掛け、早めに避難しましょう。

避難経路は事前によく確認

いざという時に慌てないために、どの道を通ってどこへ避難するのかを普段から家族や隣近所で話し合っておきましょう。

(イラスト)避難経路は事前によく確認

非常用備品は日ごろから準備

非常用備品は事前に準備し、定期的に点検しましょう。
また、避難時の荷物は必要最小限にしましょう。

(イラスト)非常用備品は日頃から準備

避難は歩きやすい靴で

ゴム長靴は歩きにくいので、はき慣れた底のかたい靴をはいて避難しましょう。

(イラスト)避難は歩きやすい靴で

2人以上での避難を

避難する時は、動きやすい服装で、2人以上での行動を心掛けましょう。

(イラスト)2人以上での避難を

洪水時には川を渡らない

洪水時や川の水位が高いときには、絶対に川を渡らないようにしましょう。

(イラスト)洪水時には川を渡らない

要配慮者の方の避難に協力しましょう

自力で避難することが困難な要配慮者は、早めの避難が必要です。
近所のお年寄りなどの避難に協力しましょう。

(イラスト)災害時要援護者の方の避難に協力しましょう(1)(イラスト)災害時要援護者の方の避難に協力しましょう(2)

気象情報に注意

ラジオやテレビ、インターネットなどで正確な気象情報を、雨の降り方や浸水の状況に注意し、危険を感じたら自主的に避難しましょう。

(イラスト)気象情報に注意

避難時は市役所などの指示に従って

避難時は、慌てずに市役所や消防団の指示に従って行動しましょう。

(イラスト)避難時は市役所などの指示に従って

足下に注意

浸水時の避難は、足下が見えないことが多いので、慎重に歩きましょう。
特に水中の溝や水路などに注意しましょう。

(イラスト)足下に注意

逃げ遅れたら、生命を守ることを第一に

避難が遅れ、危険が迫った場合には、生命を守ることを第一に考え、自宅の2階や近所の建物の上階などに急いで避難しましょう。

(イラスト)逃げ遅れたら、生命を守ることを第一に

土砂の流れと直角方向に逃げる

土石流などが発生したときには、土砂の流れてくる方向に対して直角方向に逃げるようにしましょう。

(イラスト)土砂の流れと直角方向に逃げる

配慮者とは

災害の危険を察知したり、助けを求めたり、災害に関する情報を理解したり、災害に対応したりするのに何らかのハンデのある人です。
身体障害者や傷病者をはじめ、理解力や判断力をもたない乳幼児や体力的な衰えのある高齢者、外国人などをいいます。

お問い合わせ

所属課室:焼津市建設部河川課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎2階)

電話番号:054-626-1118

ファクス番号:054-626-2190

Email:kasen@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?