• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 産業・観光 > 都市施設 > 道路管理 > 環状交差点(ラウンドアバウト)について

ここから本文です。

更新日:2017年7月6日

環状交差点(ラウンドアバウト)について

藤守・下小杉交差点(信号交差点)を環状交差点に改良します。

  • 藤守・下小杉交差点は、国道150号バイパスの整備により交通環境が大きく変化し、以前と比べ交差点を利用する車両が減少しています。しかし、南北道路の市道0203号線は見通しの良いほぼ直線の道路で、通行車両の速度が高くなる傾向が見受けられます。そこで、環状交差点を導入し、通行車両の速度を抑制することで、信号機撤去後も交差点の安全を確保(出会い頭事故などの重大事故の抑止)し、あわせて交通の円滑化(信号停止による待ち時間の削減)を図りたいと考えています。
  • 交差点の場所(焼津市藤守・下小杉地内の信号交差点)藤守・下小杉交差点位置図
  • 完成イメージ

藤守・下小杉交差点イメージ

  • 現在の交差点

藤守・下小杉交差点写真

  • 整備予定

平成28年度:交差点の測量、概略設計

平成29年度:交差点の詳細設計、用地の測量

平成30年度:用地の取得、交差点改良工事

平成31年3月の供用開始を目標に事業を進めていきます。

山の手(関方)環状交差点が完成しました。

  • 平成26年9月から環状交差点として運用を開始していた、市内関方地区の環状交差点の整備が完成しました。また、交差点の名称を「関方」から「山の手」に変更することになりました。
  • 環状交差点では、交差点内を通行している車両等(自動車、二輪車、自転車)が優先となり、交差点内は右回り(時計回り)に徐行して通行しなければいけません。通行する際は、通行ルールを守り安全に通行してください。
  • 山の手環状交差点の概要(PDF:453KB)
  • 位置図(外部サイトへリンク)
  • 交差点平面図
  • 通行方法(PDF:262KB)

山の手環状交差点空撮1

交差点全景(写真提供:日本大学)

 

ビデオ写真

交差点全景

中央島

中央島

交差点前後1

横断歩道・分離島・環道入口

交差点前後2

分離島・交差点手前

 

環状交差点(ラウンドアバウト)とは

  • 交差点の中心部に円形の中央島が設けられた円形交差点の一種です。
  • 車両は中央島のまわりの環状道路(環道)を時計回り(右回り)の一方通行で走行し、信号機や一時停止の規制を受けません。(環状道路を通行する車両の走行が優先されます。)
  • ラウンドアバウトの概要(PDF:298KB)

1515

環状交差点(ラウンドアバウト)の特徴

  • 交差点に進入してくる車は交差点内を直進できないため、交差点への進入速度が抑制され、重大事故の削減に効果があります。
  • 信号機を必要としないため、無駄な待ち時間を作りません。
  • 停電時には、信号機に頼らず円滑な通行の確保が図れます。

環状交差点(ラウンドアバウト)通行方法について

環状交差点(ラウンドアバウト)の社会実験について

ラウンドアバウトサミットin焼津について

ラウンドアバウト普及促進協議会について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市建設部道路課  道路安全施設担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎2階)

電話番号:054-626-2109

ファクス番号:054-626-9416

Email:douro@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?