• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 交通 > 安全な自転車の走行について

ここから本文です。

更新日:2014年8月11日

安全な自転車の走行について

自転車は「1.短い距離では効率的な移動手段である。2.地球環境に優しい。3.健康指向に合っている」などの理由から、中・高校生の通学だけでなく、通勤・買い物などでの自転車利用者が増えています。しかしながら、市内では自転車が専用に走行できる自転車道、自転車通行帯などが十分に整備されていないため、歩道上を走る自転車を多くみかけます。(注)

そのような中で、自転車と歩行者との事故は増加傾向にあり、2010年の全国での自転車対歩行者の事故は2,760件で、10年前の約1.5倍となっています。

(注)歩道上を自転車が走れる区間は、原則として公安委員会(警察)が許可した場所だけです。

 

  • 日本の自転車保有台数:約7,000万台(国民の2人に1台)

自転車は道路交通法上、車両の一種(軽車両)です。したがって「原則として車道を走らなければならず、歩道を走行するのは例外」(車道走行の原則)です。これを含めた自転車の安全な乗り方とルールが「自転車安全利用五原則」として決められていますので、以下に掲げる正しいルールを知って、安全に自転車を利用しましょう!

自転車安全利用五原則

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外

自転車が歩道を通行できるのは

  • 道路標識等で指定された場合
  • 運転者が13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方の場合
  • 車道又は交通の状況からみてやむを得ない場合

2.車道は左側を走行

自転車は車道の左側に寄って走行しなければなりません。

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを走行

自転車が歩道を走行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければなりません。また、歩行者の通行を妨げるような場合は、一時停止をしなければなりません。

なお、歩道上を自転車が走行できる区間については、必ず下のような標識(自転車通行可)がついてきますので、この標識がない歩道は、原則として自転車は走ることができません。

「自転車通行可」の規制標識

自転車通行可標識

 

県道大富藤枝線(焼津市小柳津地内)

大富藤枝線

県道大富藤枝線(PDF:174KB)

また、上の写真のように、歩道内で自転車が走行できるスペースを青く色分けした場所もあり、市内では県道大富藤枝線内の2区間(小柳津地内、保福島地内)だけです。

4.安全ルールを守る

次のような危険運転は禁止されていますので、しないようにしましょう。

  • 飲酒運転
  • 二人乗り
  • 並進(横に並んで走行)
  • 傘をさしながらの運転
  • 携帯電話をしながらの運転
  • イヤホンで音楽を聴きながらの運転

 

5.子どもはヘルメットを着用

児童・幼児を自転車に乗せるときは、ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市建設部道路課  道路安全施設担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎2階)

電話番号:054-626-2109

ファクス番号:054-626-9416

Email:douro@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?