• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 住まい > 被災建築物応急危険度判定制度

ここから本文です。

更新日:2016年4月5日

被災建築物応急危険度判定制度

ご存じですか?

建築物の安全性の第一義的責任は所有者・管理者にあります。しかし、地震時の被害が大きく自ら安全性を確認できない場合や、崩壊などにより、第三者に被害が及ぶ恐れがある場合は、市民の安全確保の観点から市が地震発生直後の応急対応の一環として、被災建築物の安全性の判定を応急的に実施します。

応急危険度判定のイラスト

 

 

 

応急危険度判定士

活動内容

焼津市職員における応急危険度判定支援活動

写真「応急危険度判定の様子」

新潟県中越沖地震の際に被災建築物応急危険度判定活動をしている様子


お問い合わせ

所属課室:焼津市都市政策部建築指導課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎2階)

電話番号:054-626-2169

ファクス番号:054-626-2184

Email:kenchiku@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?