• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 住まい > 長期優良住宅の建築計画の認定について

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

長期優良住宅の建築計画の認定について

長期優良住宅とは

長期優良住宅の普及の促進に関する法律に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅のことをいいます。

長期優良住宅の建築維持保全をしようとする方は、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、所管行政庁の認定を申請することができます。

長期優良住宅の認定を受けると

法に基づき、「長期優良住宅建築等計画」の認定を受けることで、住宅ローン減税(所得税、個人住民税)、登録免許税、不動産取得税、固定資産税の税制上の優遇を受けることができます。

 

長期優良住宅の認定基準

☆既に着工している建築物は認定できませんのでご注意ください。

長期使用構造(※) 劣化対策 構造の腐食、腐朽及び摩損の防止
耐震性 地震に対する安全性の確保
維持管理更新の容易性 構造及び設備の変更を容易にするための措置
可変性 維持保全を容易にするための措置
バリアフリー性 高齢者の利用上の利便性及び安全性
省エネルギー性 エネルギーの使用の効率性
居住環境

居住環境の維持及び向上への配慮

原則として、都市計画施設内の住宅の建築は認定対象外です。

宗高中央地区計画区域内での計画は、地区計画で定めた基準に適合させる必要があります。

建築指導課へ事前確認をお願いします。

焼津市の居住環境基準(PDFファイル108KB)

宗高中央地区計画(都市計画課のページを開きます)
住戸面積

住宅の規模[戸建住宅]75平方メートル以上[共同住宅]55平方メートル以上

少なくとも1の階の床面積が40平方メートル以上(階段部分を除く)

維持保全計画 建築後の住宅の維持保全、資金計画

長期使用構造に関しては、登録住宅性能評価機関による技術的審査(事前審査)が可能です。また、住宅性能評価書を取得した建物においても一部対応しています。

長期優良住宅の手続き

計画認定申請の流れ(工事着手前)

  • 法第5条第1項から第3項の規定に基づく長期優良住宅建築等計画の認定
  • 法第8条の規定に基づく長期優良住宅建築等計画の変更認定

認定申請手続きの流れ

ルート1

認定に係る審査業務を合理的かつ効率的に行うため、事前に技術的審査を評価機関で受け、適合証を添付して申請を行う方法です。

ルート2

住宅性能評価書を添付して申請を行う方法です。(ルート1の技術的審査は不要です。)

ルート3

焼津市のみの審査です。

認定申請手数料

ルート1からルート3のそれぞれで認定申請及び変更認定申請の手数料が違います。

技術的審査の費用については評価機関にお問い合わせください。

工事完了後

工事が完了したら

工事完了後、建築士へ現場の確認依頼を行い、建築士が確認します。確認後、建築士より確認書を受け取り、建築工事が完了した旨の報告書にその確認書を添付して焼津市へ提出してください。

施行細則及び様式集

 

長期優良住宅に関する相談窓口

一般社団法人住宅性能評価・表示協会(評価協会)
電話0120-167-780
相談対応時間午前9時30分~午後5時30分(土、日、祝日を除く)

 

長期優良住宅関係リンク集


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市都市政策部建築指導課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎2階)

電話番号:054-626-2161

ファクス番号:054-626-2184

Email:kenchiku@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?