• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 交通 > 路線バスの維持について

ここから本文です。

更新日:2017年7月4日

路線バスの維持について

津市内に路線バスが初めて導入されたのが昭和20年代後半。当時は、焼津駅を中心とした路線として活躍し、昭和50年代前半までは多くの市民の皆さんに利用されていました。
かし、昭和50年代後半から交通体系や生活様式の変化に伴い、自家用車の保有台数が年々増加すると共に交通渋滞の発生により、バスの定時性を保つことが難しくなり、全国各地でバスの利用者が大幅に減少し、路線の廃止や便数の削減が行われています。
津市も例外ではなく、市内を運行する路線バスが昭和44年(1969年)の16路線に比べ6路線まで減少し、うち5路線は赤字による運行が続いているため、国・県・市より税金を投入し利用者の足の確保を維持している状況です。

平成28年(2016年)度の路線バス赤字補てん額

6,390万円(市)

政状況が厳しい中、バス路線を維持していくには市民の皆さんの積極的な利用が不可欠です。
常の交通手段を見直し、ぜひバスを利用してください。

 

交通のページに移動する

道路課のページに移動する

お問い合わせ

所属課室:焼津市建設部道路課  交通対策担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎2階)

電話番号:054-626-2166

ファクス番号:054-626-9416

Email:douro@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?