• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 産業・観光 > 産業振興 > 工場立地法に関すること

ここから本文です。

更新日:2017年3月3日

工場立地法に関すること

工場立地法は、工場立地が環境の保全を図りつつ適正に行われることを目的に制定された法律です。焼津市内に特定工場(一定業種および一定規模以上の工場)を新設、または既存工場の変更などをする際に、焼津市への届出が必要となります。

届出の対象となる工場

次の条件を満たす工場を【特定工場】といい、工場立地法の届出の対象となります。

条件1.(業種) 右欄の業種のどれかに該当すること
  • 製造業
  • 加工修理業
  • 電気供給業
  • ガス供給業
  • 熱供給業
条件2.(規模) 右欄のどちらか一方を満たす場合
  • 工場の敷地面積が9,000平方メートル以上
    若しくは
  • 工場の建築面積(注)の合計が3,000平方メートル以上
(注)建築面積は、水平投影面積であり、延べ床面積ではありません。

届出について

届出が必要となる場合

特定工場が次のことを行う際に、届出が必要となります。

内容 様式
特定工場を新設する場合

新設変更届(ワード:112KB)

新設変更届(PDF:317KB)

(別紙3)工業団地(ワード:35KB)【工業団地に属する場合】
(別紙3)工業団地(PDF:73KB)【工業団地に属する場合】
(別紙4)隣接緑地(ワード:34KB)【工業集合地特例の適用をうけようとする場合のみ】

(別紙4)隣接緑地(PDF:71KB)【工業集合地特例の適用をうけようとする場合のみ】

敷地面積、環境施設、緑地面積の根拠となる図面を別途提出してください。

特定工場の届出内容を変更(軽微な変更を除く)
特定工場の所有者が変わった場合
(譲渡借受相続合併等)

事業承継届(ワード:30KB)

事業承継届(PDF:97KB)

特定工場の名称や住所が変わった場合

住所名称変更届(ワード:31KB)

住所名称変更届(PDF:84KB)

特定工場の事業を廃止する場合

廃止届(ワード:32KB)

廃止届(PDF:80KB)

 

届出が不要となる場合(軽微な変更)

以下のことについて、軽微な変更として届出は不要です。

通番 内容
1 緑地、環境施設、生産施設に係る変更を伴わない建築面積の変更
2 生産施設の修繕に係る増加面積の合計が30立方メートル未満のもの
3 生産施設の撤去
4 緑地又は緑地以外の環境施設面積の純増
5 10平方メートル未満の緑地の削減(保安上その他やむを得ない事由により速やかに行う必要がある場合に限る)。

届出の方法

届出書類は、工事着工の90日前までに、焼津市長宛てに2部を提出してください(1部は審査終了後に返却します)。なお、要件を満たしている場合は最大30日までに工期を短縮することができます。工事内容が固まりましたら、下記担当までお早めにご相談ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市経済産業部商業・産業政策課  産業立地育成担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館3階)

電話番号:054-626-2260

ファクス番号:054-626-2188

Email:sangyo@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?