• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 産業・観光 > 農業 > ビニールハウスや温室など園芸施設の台風対策

ここから本文です。

更新日:2016年10月6日

ビニールハウスや温室など園芸施設の台風対策

メニュー

台風接近前までに行う事前対策(1~2日前まで)

戸締り、補強等の対策(温室・ハウス共通)

  • 台風が接近してきたら、よく見回って、戸締りをしっかりと行う。
  • 天窓、換気扇、出入り口など外部と通じている部分はしっかりと固定する。

飛来物等への対策(温室・ハウス共通)

  • 風に飛ばされたものが、ハウスに当たって破損する場合も多いので、施設の周囲は良く整理し、風に飛ばされやすいものは片付けておく。

強風への対応(パイプハウス等)

  • 連棟ハウスの外側の棟は、特に筋交いを入れ補強したり、ターンバックルなどで柱を連結したりする。特に、風上側となるハウスは、浮き上がり防止のアンカーや外部補強金具を用いて、肩の部分の補強を行っておく。
  • 妻部に近い1スパン分(2メートル)と側面部の風当たりの強い部分には寒冷紗などを張っておく(緩んでいる場合には、しっかりと締める)。
  • マイカー線使用のハウスは、締め付けを十分にし、時々点検し増締めを行う。
  • 差し込み型の小型ハウスのマイカー線は、必ず土際まで下げ、抜けたり、はずれたりしないように十分に固定しておく。
  • 出入り口の扉(戸車)を点検し、強風で外れないようにしっかりと固定する。
  • 側面部分は被覆材がめくれないように、パッカー等で固定する。

強風に耐えられないことが予想される場合

あらかじめ、被覆のビニールを除去し、パイプのみにしておけば、施設破壊の可能性は低くなります。

台風対策(ビニールハウス)

ガラス温室・屋根型ハウスなどの強風対策

  • アルミサッシなどで施錠できる出入り口は、しっかりとカギを閉める。
  • 屋根のガラス(被覆材)は、風の吹いてくる方向の反対側の方が吹き上げられるので、吹き上がりを防止する補強対策をあらかじめ行っておく。
  • ガラスが風圧そのもので破損することは比較的少ない。風に飛ばされたものが当たって破損することが多いので、温室周辺はよく整理し、風に飛ばされやすいものは事前に片付けておく。
  • 風が強く吹きぬける場所では、あらかじめ防風ネットを設置しておく。
  • 天窓を閉めた状態でも隙間がある場合には、強風時に破損する恐れが高いので、完全に密閉できるように、普段からメンテナンスを怠らないようにする。

潮風害への対応(共通)

  • 潮風害の危険性がある時は、すぐ散水できるよう事前に準備しておく。
  • 停電となる場合も考えて、タンクにあらかじめ水を用意し、動力噴霧機を利用した散水などの対応策も準備しておく(動力噴霧機の燃料なども確保しておく)。

周辺の施設、機械の点検(共通)

  • 燃料タンクは十分固定しておき、燃料コックは締めておく。また、燃料パイプも破損しないように点検・補強しておく。
  • ハウス周辺の排水対策をしっかり行っておく。ほ場が水に浸かるとハウスの基礎部分の強度が低下し、抜けやすくなってしまう。
  • 浸水が懸念されるほ場では、排水用ポンプを設置するなどして浸水害を防ぐ。

台風襲来直前の施設管理

台風通過中は、人命優先のため、原則的に無理な作業は行わないこと

台風の進行方向や風速をテレビ・ラジオなどで確認し、風の方向に注意する

ラジオ周波数

AM
  • NHKラジオ第一放送:882kHz
  • SBS静岡放送:1404kHz
FM
  • NHK FM:静岡88.8MHz/島田83.0MHz
  • K-MIX:静岡79.2MHz/島田85.9MHz
  • FM島田:76.5MHz

施設内部や外部の補強作業の際には、必ずヘルメットを着用し、安全を図る

窓の自動開閉装置、暖房機、開閉式換気装置等の電源は切っておく

台風通過中に窓の自動開閉装置、暖房機、開閉式換気装置等の電源は切っておく。なお、換気扇の設置してあるビニールハウスでは、それを稼働させ、ハウス内の気圧を下げるように努め、被覆資材の浮き上がりを防止する場合もある。ただし、風が弱くなった場合は、被覆資材が引き込まれ、逆に破損の恐れがあるので、直ちに停止させる。

被覆資材が新しい場合には、あくまでも風を入れないように努める

被覆資材が古くなっている場合には、被覆材が破れ始めると風をはらんでハウスが倒壊しやすくなる。骨材の保護のため、事前に、積極的にビニールなどを破った方が、被害が少なくなる場合もある。

台風通過後は、まず送電線の事故防止に注意する

切れている電線には、触らない。

台風通過後の事後対策

台風通過後は早急に施設を見回り、破損箇所があった場合は補修する

換気を図り、施設内の高温を防止する

施設及び施設周辺の排水を積極的に図る

作物に対する当面の対策

  • 作物への泥のはね上がりが多い場合には、動力噴霧機などで洗い流す。

  • 潮風を受けた場合には、台風通過後直ちに散水して茎葉に付着した塩分を洗い流す。なお、温度や日射量が高くなると被害が大きくなるので、この作業はなるべく早く行う。

  • 傷口より病原菌が侵入しやすいので、天候を見計らって薬剤散布を行う。

  • 作物によっては、速効性の窒素、カリを利用し草勢の回復を図る。液肥の施用や葉面散布を行うのも効果がある。

 

(出典:静岡県農業振興課作成「園芸施設の台風・強風対策」より)

 

お問い合わせ

所属課室:焼津市経済産業部農政課  農業振興担当(農作物被害対策担当・園芸担当)

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館3階)

電話番号:054-626-2157

ファクス番号:054-626-2188

Email:nousei@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?