• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 産業・観光 > 農業 > 山菜等の採取について

ここから本文です。

更新日:2016年10月6日

山菜等の採取について

山菜等を採取する際は、次の点について注意をお願いします。

注意!

有害な山菜等に注意

有毒な成分を含む植物を、食べても安全な山菜や野草と間違って食べてしまうことによる食中毒が数多く起きています。

  • 知らない山菜等は採取しない。絶対に食べない。
  • 見分けが難しい山菜等については採取しない。
  • 売らない。人にあげない。
  • 判断に迷う場合には山菜等に関する専門家等に問い合わせる。

採取マナーに注意

安易な気持ちが大きなトラブルの原因となります。

  • 土地の所有者に無断で立ち入り山菜等を採る行為は犯罪です。必ず所有者本人の許可を得た上で採取しましょう。もちろん栽培されている農林産物においても同じです。

間違えやすい山菜等の例

厚生労働省のウェブページ(外部サイトへリンク)にて写真等も含め詳しく掲載されています。

植物名 中毒症状 間違えやすい植物
イヌサフラン 嘔吐、下痢、皮膚の知覚減退、呼吸困難。重症の場合は死亡することもある。

(葉)ギョウジャニンニク、ギボウシなど

(球根)ジャガイモ、タマネギなど

スイセン、スノーフレーク 食後30分以内で、吐き気、嘔吐、頭痛。(スイセンでは、悪心、下痢、流涎、発刊、こん睡、低体温なども) ニラ、ノビル、タマネギなど
トリカブト 食後10~20分以内で、口唇・舌・手足のしびれ、嘔吐、腹痛、下痢、不整脈、血圧低下、けいれん、呼吸不全に至って死亡することもある。 ニリンソウ、モミジガサなど
ヒメザゼンソウ 食後すぐに唇のしびれ、口腔内の腫れ、胃痛などを起こす。 オオバギボウシ(ウルイ)など

厚生労働省のウェブページ(外部サイトへリンク)より抜粋。

 

お問い合わせ

所属課室:焼津市経済産業部農政課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館3階)

電話番号:054-626-2157

ファクス番号:054-626-2188

Email:nousei@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?