• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症対策について > マダニが媒介する感染症「日本紅斑熱」について

ここから本文です。

更新日:2016年6月3日

マダニが媒介する感染症「日本紅斑熱」について

静岡県内で「日本紅斑熱」が発生しました

日本紅斑熱とは、日本紅斑熱リケッチアという病原体を保有するマダニに刺されることで感染し、重症化すると死に至ることもある感染症です。

マダニに刺されないようにするには

マダニは野山や草むら、畑などに多く生息し、春から秋にかけて活動が盛んになります。

このような場所にレジャーや農作業で入る場合には、次のことに気をつけましょう。

肌の露出を少なくしましょう

長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴を着用しましょう。

忌避剤(虫よけスプレー等)を活用しましょう

マダニ用の忌避剤はありませんが、虫よけ成分(ディート)が含有されている忌避剤を使用することで一定の効果が得られます。

しかし、マダニを完全に防ぐことはできませんので、他の防護手段と組み合わせて対策をとりましょう。

 

症状など、詳細は下記関連リンクをご参照ください。


お問い合わせ

所属課室:焼津市健康福祉部健康政策課

住所:郵便番号425-0035 静岡県焼津市東小川1-8-1(保健センター1階)

電話番号:054-627-4111

ファクス番号:054-627-9960

Email:kenkoseisaku@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?