• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種・ワクチンについて > 高齢者肺炎球菌ワクチン定期予防接種

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

高齢者肺炎球菌ワクチン定期予防接種


平成26年10月1日より高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種が定期予防接種となりました。

 

肺炎球菌ワクチン予防接種について

肺炎は、高齢者の死因の上位を占めており、その4~3分の1は肺炎球菌によるものと考えられています。肺炎球菌には93種類の型がありますが、この予防接種はそのうちの23種類の型に対してワクチンの効果があります。

 

対象者

  • 平成29年度中に、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる人(対象となる人の生年月日は下記の表をご確認ください。)
  • 60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能に自己の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害のある方。

ただし、既に肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリカッサライドワクチン)の接種を受けたことのある方は定期接種の対象となりません。

本年度の定期予防接種対象者には、4月中旬までに郵便にて通知文と予診票を送付します。

 

平成29年度定期接種対象者

対象年齢

生年月日

65歳

昭和27年4月2日生~昭和28年4月1日生の方

70歳

昭和22年4月2日生~昭和23年4月1日生の方

75歳

昭和17年4月2日生~昭和18年4月1日生の方

80歳

昭和12年4月2日生~昭和13年4月1日生の方

85歳

昭和7年4月2日生~昭和8年4月1日生の方

90歳

昭和2年4月2日生~昭和3年4月1日生の方

95歳

大正11年4月2日生~大正12年4月1日生の方

100歳

大正6年4月2日生~大正7年4月1日生の方

 

接種費用

4,000円(生活保護世帯の方は無料)

 

持ち物

  • 健康保険証
  • 予診票(市より送付した通知に同封します)
  • 60歳以上65歳未満の方については、その障害がわかる身体障害者手帳一級の写し(または診断書)
  • 生活保護世帯の方については、福祉事務所が発行する生活保護受給証明

予診票の記入について:医療機関での接種時には、通知に同封した予診票をご記入ください。その際、「健管番号」の記入欄がありますが、こちらは記入せずに医療機関に提出してください。また、予診票をなくされた場合は、医療機関にも配布してありますので、医療機関または健康政策課にご相談ください。

 

接種実施医療機関

H29高齢者肺炎球菌感染症予防接種実施医療機関一覧(29.4.1現在)(PDF:179KB)

上記医療機関一覧にない医療機関での接種を希望される場合には、事前に健康政策課までご相談ください。

 

接種期間

平成29年4月~平成30年3月31日

 

本年度定期予防接種対象外の方について

本年度に定期予防接種の対象とならない方のうち、これまで肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたことがない方については、年齢により、来年度以降定期予防接種の対象となる可能性があります。

平成30年までの間は、接種年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方が対象となり、平成31年度以降はその年度に65歳になる方が対象となる予定です。

 

関連リンク肺炎球菌感染症(高齢者)(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市健康福祉部健康政策課

住所:郵便番号425-0035 静岡県焼津市東小川1-8-1(保健センター1階)

電話番号:054-627-4111

ファクス番号:054-627-9960

Email:kenkoseisaku@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?