• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 健康・福祉・子育て > 介護保険 > 認知症に関すること > 認知症サポーター養成講座

ここから本文です。

更新日:2017年7月31日

認知症サポーター養成講座

サポーター養成講座を開催(受講)しませんか?

認知症は誰でもなる可能性のある病気です。正しく理解することはご自身の知識を深めるだけでなく認知症の人や家族を温かく見守ることにもつながります。職場や地域で「手助け」が必要な人と接したことはありませんか?どう対応したら良いか戸惑ったことはありませんか?この機会に、あなたも認知症サポーターになり、認知症の人とその家族が安心して暮らせる地域づくりを考えていきましょう。

認知症サポーターとは?

認知症サポーター養成講座を受講した人が認知症サポーターとなります。特別なことをするのではなく認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者です。たとえば、友人や家族に認知症に関する知識を伝えたり、まちで認知症の人をみかけた時に声をかけるなど、ちょっとした手助けをしてくれる方です。認知症サポーターになると目印としてオレンジリングをお渡しします。

このオレンジリングが人の輪につながるようなまちを目指します。

オレンジリング

講座について

受講時間は60分から90分程度です。講師は規定の研修を受けたキャラバン・メイトを焼津市から派遣します。認知症のことや認知症の人や家族の気持ち、認知症の人の接し方等についてDVDやテキストを使って学びます。地域の集まりの場や研修会等にご利用いただいています。小学生や中学生向けに分かり易く開催しています。

まずは地域包括ケア推進課にお問い合わせください。

サポーター養成講座開催申込書(エクセル:42KB)

企業や団体を対象にオリジナルステッカーを交付します

認知症サポーター養成講座を受講した企業や団体を対象に認知症サポーターの存在をお知らせするステッカー(A5サイズ)を交付します。

ステッカー

対象施設は市内に所在する金融機関、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、薬局、理美容室、郵便局等の企業や団体、公共交通機関等です。

要件はお店や団体として講座を開催することまたは所属される方の半数以上が認知症サポーターであることです。

地域全体で認知症の人を支える体制が必要となってくるため、更なる皆さんの協力をいただき、このステッカーの普及につなげていきたいと考えています。

講座開催の申込とステッカーの交付を希望される企業、団体はこちらの申込書(エクセル:46KB)をご利用ください。

認知症サポーターのいる企業、団体(PDF:32KB)

アンケート結果と参加者の声

アンケート結果(PDF:150KB)

認知症の祖父がいます。どう接したら良いのか分からなかったけれど、講座を受けてもっと祖父と良く接することができると思う。(中学生)

言葉でしか知らなかった「認知症」を詳しく教えてもらって学びが深まり良かった。(小学4年生)

認知症の人の手助けをしたいし、自分は認知症にならない対策、脳の活性化に努めたい。(50歳代)

認知症の人の行動や気持ちに寄り添いたい。認知症のことを改めて知るきっかけになりモヤモヤした気持ちが軽くなって良かった。(60歳代)

ここに一部を紹介していますが、多くの受講者が認知症の人に出会ったら優しい気持ちで接していきたいとの感想をいただいています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市健康福祉部地域包括ケア推進課  地域包括ケア推進担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎1階)

電話番号:054-626-1219

ファクス番号:054-621-0034

Email:choju@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?