• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 年金・保険 > 後期高齢者医療制度 > 医療費が高額になったとき

ここから本文です。

更新日:2017年8月1日

医療費が高額になったとき

高額療養費

1カ月(同じ月内)に支払った医療費の自己負担額が、次の自己負担限度額を超えた場合、申請して認められると、自己負担限度額を超えた分が高額療養費として払い戻されます。
自己負担限度額は世帯の所得区分により4種類に分かれており、さらに「外来のみ」の場合と「外来+入院」の場合に分かれています。
低所得者2.・1.の人が、受診の際に下記の区分の請求になるためには「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、市保険年金課の担当窓口に交付申請してください。

平成29年8月から下表のように上限額が変わりました。

所得の区分

自己負担限度額(月額)

外来(個人ごと)

外来+入院(世帯単位)

3割

現役並み所得者

57,600円

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

(多数回44,400円※)

1割

一般

14,000円

(年間上限144,000円)

57,600円

(多数回44,400円※)

低所得

2.

8,000円

24,600円

1.

15,000円

入院時の食事代や、保険適用外の差額ベッド代などは、支給の対象外となります。
※過去12カ月以内に、「外来+入院」の自己負担限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目以降は44,400円です。

75歳到達月の自己負担限度額(月額)の特例

(それ以前の医療保険と後期高齢者医療保険制度それぞれで適用)

所得の区分

自己負担限度額(月額)

外来(個人ごと)

外来+入院(個人単位)

現役並み所得者

28,800円

40,050円+(医療費-133,500円)×1%

一般

7,000円

28,800円

低所得

2.

4,000円

12,300円

1.

7,500円

高額療養費に該当する場合

初めて高額療養費の該当となった方には、市から「高額療養費支給申請書」をお送りします。必要事項を記入し、市保険年金課窓口へお持ちください。
2回目以後該当となった場合は、「高額療養費支給決定通知書」をお送りします。再度申請する必要はありません。

高額医療・高額介護合算制度

後期高齢者医療制度の被保険者がいる世帯で、後期高齢者医療制度と介護保険の両方の制度で自己負担額があり、一年間の自己負担額の合計が、下表の限度額より500円を超える場合、申請により高額介護合算療養費として支給されます。
※後期高齢者医療制度に加入していることが条件のため、同じ世帯で異なる保険に加入している人が支払った金額は合算できません。

 

合算する場合の自己負担限度額(年額・8月~翌年7月)

現役並み所得者

670,000円

一般

560,000円

低所得者2.

310,000円

低所得者1.

190,000円

 

お問い合わせ

所属課室:焼津市市民部保険年金課  後期高齢者担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館2階)

電話番号:054-626-2164

ファクス番号:054-626-2183

Email:nenkin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?