• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 年金・保険 > 後期高齢者医療制度 > 医療機関での自己負担割合は?

ここから本文です。

更新日:2010年5月24日

医療機関での自己負担割合は?

医療機関での自己負担割合は、次の所得の区分によって決まります。保険証に、自己負担割合「1割」または「3割」と記載されています。

負担割合

所得区分

判定基準

3割

現役並み所得

市民税の課税所得額が145万円以上の被保険者や、その被保険者と同じ世帯にいる被保険者

1割

一般

同じ世帯に市民税が課税されている人が1人でもいる世帯の被保険者

低所得2.

同じ世帯の全員が市民税非課税の世帯の被保険者

低所得1.

同じ世帯の全員が市民税非課税で、世帯全員の所得が、必要経費と控除(年金所得だけの人は80万円として計算)を差し引いた時に0円になる被保険者

 

基準収入額適用申請

現役並み所得者(3割)でも、次の人は市保険年金課窓口で基準収入額適用申請をすることにより、1割負担になります。

  • 同じ世帯に後期高齢者医療の被保険者が2人以上いてその収入合計が520万円未満の人
  • 同じ世帯にほかの後期高齢者医療の被保険者がいない人で、その人の収入額が383万円未満の人
  • 同じ世帯にほかの被保険者がいなくて、70歳以上75歳未満の人も含めた収入合計が520万円未満の人

お問い合わせ

所属課室:焼津市市民部保険年金課  後期高齢者担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館2階)

電話番号:054-626-2164

ファクス番号:054-626-2183

Email:nenkin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?