• 子育て
  • 観光
  • 防災

ここから本文です。

更新日:2012年12月5日

離婚届(離婚するとき)

離婚には、当事者の合意により届出をし、成立する「協議離婚」と、調停成立、審判・判決の確定などにより効力を生する「裁判上の離婚」があります。

離婚届を提出すると、婚姻のときに氏を変更した人は、原則としてもとの氏に復し、婚姻前の戸籍に戻ります。ただし、当該戸籍が除籍になっている場合や、離婚届の際に新しい戸籍を編製する旨の申出をしたときは、新戸籍が編製されます。

また、婚姻中の氏をそのまま使用することもできますが、そのためには離婚届とは別に「離婚の際に称していた氏を称する届出(戸籍法第77条の2の届)」が必要になります。

届出期間

協議離婚の場合

  • 届出期間はありませんが、離婚届を提出し、受理された日から法律上の効力が発生します。

裁判上の離婚の場合

  • 裁判上の離婚が成立(調停が成立、審判・判決が確定)した日を含めて10日以内

届出窓口・取扱窓口

焼津市の窓口に届出できるのは、次のいずれかに焼津市が該当するときです。

  • 夫妻の本籍地
  • 夫妻の所在地(所在地とは、住所地だけではなく、居所、一時滞在地も含まれます。)

窓口の取扱時間

月曜日から金曜日(年末年始および祝休日を除く)の午前8時30分から午後5時15分まで

  • 焼津市役所市民課(本館2階2番窓口)
  • 大井川市民サービスセンター(大井川庁舎1階)

休日や時間外(上記以外の時間)

  • 焼津市役所当直室(本館2階)
  • 大井川庁舎当直室(大井川庁舎1階)

休日や時間外に届出をする場合の注意について、こちらをご覧ください。

届出人

協議離婚の場合

  • 離婚しようとする夫妻

裁判上の離婚の場合

  • 訴えを提起した者(申立人)だし、裁判が確定した日から10日以内に届出をしないときは、相手方からも届出できます。

持ち物

  1. 離婚届
  2. 届出人の印鑑
  3. 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)1通(本籍が焼津市の人は不要です。)
  4. 窓口に来た人の本人確認書類(運転免許証など)本人確認書類について、詳しくはこちらをご覧ください。
  5. 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)

裁判により離婚が成立した場合は、次の書類も必要です。

  • 調停離婚のときは調停調書の謄本
  • 審判離婚のときは審判書の謄本と確定証明書
  • 和解離婚のときは和解調書の謄本
  • 認諾離婚のときは認諾調書の謄本
  • 判決離婚のときは判決書の謄本と確定証明書 

注意事項

  • 協議離婚の場合は、成年の証人2人の署名と押印が必要です。
  • 夫婦の間に未成年の子がいる場合は、必ず親権者を定めてください。
  • 離婚届では、配偶者の戸籍に変動があるのみで、同籍する子の戸籍に異動は生じません。子の戸籍を異動しようとするときは、家庭裁判所の許可が必要になります。詳しくは窓口にお問い合わせください。 
  • 住所変更や世帯変更(世帯分離など)をする場合は、別途手続きが必要になるので、窓口で申し出てください。
  • 新しい戸籍が編製されたり、現在の戸籍に離婚の記載がされるまで、数日かかります。離婚後の戸籍に関する証明書が必要な場合は、本籍地の市区町村役場に確認の上、お出掛けください。

 休日や時間外に届出をする場合

  • 届出書はお預かりするだけになります。記入漏れ、記入誤り、書類の不足等があった場合は、後日来庁していただくことがありますので、ご了承ください。
  • 住所変更や国民健康保険などの手続きはできません。後日来庁して、手続きを行ってください。

 

戸籍届出へ戻る

お問い合わせ

所属課室:焼津市市民部市民課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館2階)

電話番号:054-626-1116

ファクス番号:054-626-2183

Email:shimin@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?