• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 消費生活 > ご存知ですか? クーリング・オフ制度

ここから本文です。

更新日:2017年7月28日

ご存知ですか? クーリング・オフ制度

クーリング・オフ制度とは

「クーリング・オフ制度」とは、一定の期間内であれば、理由を問わずに消費者から一方的に契約を解除できる制度です。

期間は、訪問販売や電話勧誘販売、特定継続的役務提供なら、書面を受領した日から8日以内、マルチ商法や内職商法なら書面を受領した日から20日以内です。

契約を解除しても、損害賠償や違約金を払う必要がなく、支払い済の代金も全額返金されます。
商品を受け取っている場合は、販売業者の負担で商品を引き取らせることができます。


特定継続的役務提供とはエステティックや外国語会話教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室、結婚相手紹介サービスの契約のことです。

クーリングオフ Q&A

Q1 どうやってすればいいの?

販売会社と信販会社あてに、それぞれはがきを書いて簡易書留で送ります。投函前に証拠としてコピーを取りましょう。書き方については以下のとおりです。詳しくは、消費生活センターへお問い合わせください。

Q2 商品を使ってしまいました。クーリング・オフはもう無理でしょうか?

消耗品に指定されていない、なべやふとん、下着などは、使ってしまってもクーリング・オフできます。

はがきの書き方(裏面)

  • 契約(申込み)年月日
  • 販売会社名
  • 担当者名
  • 商品名
  • 商品価格
  • 上記を契約解除します。

簡易書留扱いで、販売会社と信販会社へ合計2枚出しましょう。

ご相談は消費生活相談窓口へ

消費生活相談センター(市役所アトレ庁舎1階)
・電話番号:054-626-1147(平日の午前9時から午後4時まで)

 

お問い合わせ

所属課室:焼津市市民部くらし安全課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎1階)

電話番号:054-626-1131

ファクス番号:054-626-2194

Email:kurashianzen@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?