• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 防災・防犯 > 防犯 > 市職員等をかたる不審な電話に注意!

ここから本文です。

更新日:2020年5月15日

市職員等をかたる不審な電話に注意!

市職員等をかたる不審電話にお気を付けください。

全国的に新型コロナウイルス感染症に関連した詐欺被害が発生しています。
県内においても特別定額給付金に乗じて、市職員をかたり、電話や訪問により口座や暗証番号を聞き出そうとしたり手数料を振り込ませようとする事案が発生しています。
個人情報の取り扱いには十分に注意してください。

新型コロナウイルス感染症関連事例(国民生活センター)(外部サイトへリンク)

市内の事例情報

令和2年5月15日、市職員を名乗るものから「高額医療費の還付金がある」という主旨の不審電話がありました。同様に「国民生活保険の還付金がある」という不審電話も報告されています。

アドバイス

  • 不審に思ったら一度電話を切り、市役所の代表番号(054-626-1111)から担当部署につないでもらい確認をしてください。相手が告げた電話番号に折り返しかけないでください。
  • 市では還付金などの手続きでATMに行くよう指示することはありません。
  • 市では非通知設定で電話を掛けることはありません。
  • すでにお金を渡してしまった等、実際に被害にあってしまった場合は、早急に警察署まで連絡してください。

関連事例(市職員を騙る不審電話)

  • 平成31年3月、消防職員を名乗るものから「災害時に一人暮らしの高齢者を優先的に避難誘導する。該当者を把握するため調査をしている」と家族構成を聞き出そうとする非通知の不審電話がありました。
    (消防署では、電話でそのような調査はしていません。)
  • 平成30年7月9日、市役所保健課を名乗る者から「保険の払戻金がある。1月に通知を出した。6月30日の〆切を過ぎている。最寄りのATMで早急に手続きを取ってもらいたい」といった旨の不審電話が複数ありました。
    (保険課という名称は焼津市には存在しません、市では還付金などの手続きでATMに行くよう指示することはありません)
  • 平成30年4月16日、市役所納税課を名乗る者から「今日中に手続きしないと、払戻金を返せない」として、口座と生年月日を聞き出そうとする不審電話がありました。
    また、同月17日には市役所保険課を名乗る者から同様の不審電話がありました。
    (納税課、保険課という名称は焼津市には存在しません。)
  • 平成27年4月8日、市内で市役所課税課を名乗る者から「住民税の台帳作成のため」として扶養状況などを聞き出す不審電話がありました。
    (課税課では、電話でそのような調査はしていません。)
  • 平成27年4月3日の朝、市内で市役所市民課を名乗る男性から家族構成などを聞き出す不審電話がありました。
    (市民課では、そのような電話はしておりません。)

お問い合わせ

所属課室:焼津市市民部くらし安全課  市民相談・防犯担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町5-6-1(市役所アトレ庁舎1階)

電話番号:054-626-1131

ファクス番号:054-621-0034

Email:kurashianzen@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?