• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 施策・計画 > E-Government・YAIZU(イーガバメント・ヤイヅ)

ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

E-Government・YAIZU(イーガバメント・ヤイヅ)

「E-Government・YAIZU(イーガバメント・ヤイヅ)」は、ICT(InformationandCommunicationTechnology:情報通信技術)を活用することによりさまざまな分野の課題解決を図り、地域産業の活性化と市民が快適に暮らすことができるまちづくりを進めるための取り組みの総称です。

E-Government・YAIZUの主な取り組み

AIチャットボット相談窓口の設置

ウェブからの問い合わせにAIが自動返答するプログラム「チャットボット」について、平成30年度末までに子育て支援分野での運用開始を目指します。

  • 「チャットボット」…「Chat=雑談」と「Bot=ロボット」からなる造語。ロボットが人間との会話を自動的に行うプログラム。

市職員のICTリテラシー向上

職員が最新のICTについて学ぶ機会として、「E-Government・YAIZU」ICT研修会を実施しています。

地域の子どもたちを対象とした「プログラミング体験講座」の実施

2020年度からすべての小学校においてプログラミング教育が必修化されます。市では授業だけでなく、課外でも子どもたちがプログラミングに触れる機会をつくるため、子ども向け体験講座をモデル実施しました。

地域BWAシステムの利活用

地域BWAシステムは、大手通信キャリアとは異なる周波数の電波を使用する、地域の公共サービスの向上などを目的とした電気通信業務用の無線システムです。

サービス区域が1つの自治体の範囲に限られること、専用周波数を使うことから通信集中による障害がおこりにくく、災害時における通信基盤としての利用が見込めるほか、さまざまな分野での活用が期待できます。

平成30年10月2日(水曜日)に、地域BWA(地域広帯域移動無線アクセス)システムの整備について、TOKAIケーブルネットワークと協定を締結しました。これにより平成30年度中に市内に10カ所の基地局が整備される予定です。

E-Government・YAIZU推進のための連携協定

平成30年3月に、NTT西日本静岡支店と「ICTの利活用による地域活性化等に関する連携協定」を締結しました。市では同社からの情報提供や施策立案のための提案を参考にしながらE-Government・YAIZUの取り組みを進めています。

お問い合わせ

所属課室:焼津市総合政策部情報戦略課

住所:郵便番号425-0041 静岡県焼津市石津728-2(消防防災センター3階)

電話番号:054-623-4791

ファクス番号:054-623-4792

Email:jouhou@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?