• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 市税 > 個人の市民税・県民税 > 市民税・県民税の納税方法

ここから本文です。

更新日:2021年6月21日

市民税・県民税の納税方法

市民税・県民税は、普通徴収、特別徴収のいずれか又はその両方により納税することになります。

(※)国外へ転出される方の市民税・県民税の納税については、別ページをご覧ください。

(※)外国人の方向けの制度周知については、総務省ホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク、別ウインドウ)

普通徴収

普通徴収の方法

事業所得者などの市民税・県民税については、焼津市から納税義務者あてに送付される納税通知書により納税していただきます。
納期限は7月5日、9月5日、11月5日、翌年1月10日(その日が条例で定める休日である場合は、その翌日)です。

普通徴収の方法による場合の納税のしくみ

普通徴収

給与所得に係る特別徴収

特別徴収の方法

給与所得者の市民税・県民税は、特別徴収税額通知書により、焼津市から給与の支払者を通じて通知され、給与の支払者が毎月の給与の支払いの際にその人の給与から差し引いて、これを翌月の10日までに焼津市に納入していただくことになっています。これを特別徴収といい、給与の支払者を特別徴収義務者と呼んでいます。
特別徴収は6月から翌年5月までの12カ月で徴収することとなっています。

特別徴収の方法による場合の納税のしくみ

特別徴収

年の中途で退職等をした場合の徴収

毎月の給与から市民税・県民税を特別徴収されていた納税義務者が退職等により給与の支払を受けなくなった場合には、その翌月以降に特別徴収をすることができなくなった残りの市民税・県民税は、次のような場合以外は、普通徴収の方法によって徴収します。

  1. その納税義務者が新しい会社に再就職し、引き続き新しい会社で特別徴収されることを申し出たとき
  2. 6月1日から12月31日までの間に退職した場合で、残りの市民税・県民税を支給される退職手当などからまとめて特別徴収されることを申し出たとき
  3. 翌年1月1日から4月30日までの間に退職した場合で、上記1.に該当しないとき
    (この場合は、本人の申し出がなくても給与または退職金から残りの市民税・県民税が徴収されます。)

公的年金等所得に係る特別徴収

サイト内の別ページをご覧ください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市行政経営部課税課  市民税担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本庁舎3階)

電話番号:054-626-2149

ファクス番号:054-626-2182

Email:kazei@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?