• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 市税 > 個人市民税 > 個人市民税とは

ここから本文です。

更新日:2017年2月3日

個人市民税とは

個人市民税は非課税となる人を除いて、一定額以上の所得のある方が等しく同じ額を負担する「均等割」とその人の所得金額に応じて負担をする「所得割」の2つから成り立っています。なお、個人県民税は、静岡県の税金ですが、納税者の便宜を図るため、焼津市が個人の市民税とあわせて賦課徴収し、静岡県へ送金しています。

市民税を納める人(納税義務者)

個人市民税の納税義務は次のとおりです

納める税

焼津市に住所がある人

焼津市に住所はないが、事務所、事業所または家屋敷のある人

均等割

納税義務がある

納税義務がある

所得割

納税義務がある

納税義務はない

その市(区)町村に住所があるか、あるいは事業所などがあるかどうかは、その年の1月1日現在の状況で判断されます。

市民税が課税されない人

均等割も、所得割もかからない人

  • 生活保護法による生活扶助を受けている人
  • 障害者、未成年者、寡婦または寡夫で前年中の合計所得金額が125万円以下であった人
    (ここでいう合計所得金額とは次の(1)~(5)の合計です)
  1. 純損失および雑損失の繰越控除、居住用財産の買換えなどの場合の譲渡損失の繰越控除並びに特定居住用財産の譲渡損失の繰越控除を適用しないで計算した総所得金額
  2. 特別控除を適用する前の土地・建物等の譲渡所得(長期譲渡所得と短期譲渡所得)の金額(※)
  3. 株式などの譲渡所得などの金額(上場株式などに係る譲渡損失の繰越控除または特定中小会社が発行した株式に係る譲渡損失の金額の繰越控除などの適用がある場合には、その繰越控除の適用前の金額)
  4. 先物取引に係る雑所得などの金額(先物取引の差金など決済に係る損失の繰越控除の適用がある場合には、その適用前の金額)
  5. 山林所得金額

(※)公共事業の収用などに伴い譲渡所得があった人は、特別控除を適用する前の金額が合計所得金額に含まれます。

均等割がかからない人

前年中の合計所得金額が28万円に本人、控除対象配偶者および扶養親族の合計数を乗じて得た金額(控除対象配偶者または扶養親族がある場合には、その金額にさらに16万8千円を加算した額)以下の人

扶養親族がいない場合

280,000円以下

扶養親族がいる場合

280,000×(扶養人数+1)+168,000円以下

所得割がかからない人

前年中の総所得金額等が35万円に本人、控除対象配偶者および扶養親族の合計数を乗じて得た金額(控除対象配偶者または扶養親族がある場合には、その金額にさらに32万円を加算した額)以下の人

扶養親族がいない場合

350,000円以下

扶養親族がいる場合

350,000×(扶養人数+1)+320,000円以下

均等割

防災・減災事業の財源を確保するため、平成26年度から平成35年度までの10年間に限り、
個人の市民税と県民税の均等割の税率がそれぞれ500円引き上げられます。

区分

平成25年度まで

平成26年度から

個人市民税

3,000円

3,500円

個人県民税(※)

1,400円

1,900円

4,400円

5,400円

森林づくり県民税400円(平成32年度まで)を含んでいます。

詳しくは、「防災・減災のための住民税(均等割)の引上げについて」をご覧ください。

所得割

所得割額

所得割の税額計算の基礎は所得金額です。
この場合の所得の種類は、所得税と同様10種類で、その金額は、一般に収入金額から必要経費を差し引くことによって算定されます。
なお、市民税・県民税は前年中の所得を基準として計算されますので、たとえば2017年度(平成29年度)の市民税・県民税では、2016年(平成28年)中の所得金額が基準となります。

所得割の計算方法

課税所得額×税率(10%)-税額控除=所得割額
(課税所得額=所得金額-所得控除額)

所得割額を算出するに当たり、税源移譲による個人の負担額を調整するため、所得税との人的控除の差に応じた調整控除が創設されました。計算は下記を参照してください。

合計課税所得金額(※)が200万円以下の場合

次のいずれか少ない額の5%を控除

  • 人的控除額の差の合計額
  • 課税所得金額

合計課税所得金額が200万円を超える場合

{人的控除額の差の合計額-(課税所得金額-200万円)}の5%を控除
ただし、この金額が2,500円未満の場合は2,500円を控除

先物取引に係る所得や土地建物や株式などに係る譲渡所得などについては、特別の税額計算が行われます。

合計課税所得金額とは、所得控除後の前年の総所得金額、退職所得金額、山林所得金額の合計額をいいます。

お問い合わせ

所属課室:焼津市財政部課税課  市民税担当

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館2階)

電話番号:054-626-2149

ファクス番号:054-626-2183

Email:kazei@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?