• 子育て
  • 観光
  • 防災

ここから本文です。

更新日:2017年1月13日

第8回総合計画策定市民会議

日時

平成28年12月11日(日曜日)午後1時~午後4時20分

場所

焼津市役所本館603号室

出席者

47名(内、市民委員等35名)

内容及び概要

第8回会議では、前回までに各班で考案した将来都市像の最終調整を行った後、

各班の将来都市像の発表を行い、市民委員の共感度が最も高い将来都市像を市民会議案としました。

決定した将来都市像の市民会議案

基本となるもの

やさしいら 愛しいら ずっと住みたいら

~世界に広がる豊かな水産・文化都市YAIZU~

込められた想い
  • 焼津の強みである地域資源や歴史・文化を、市内外そして世界に情報発信することで豊かな都市となる。
  • 優しい市民性を育て、焼津愛を育み、誰もがずっと住み続けたくなるまちとなる。

その他考案されたもの

「基本となるもの」の他に考案された将来都市像が5つあり、表現の違いはありますが、

そのどれもが「焼津市が持つ豊かな地域資源を活かして活力を生み出し、

特色ある港町をつくり、誰もが笑顔でいられる都市」というような共通の方向性を持つものでした。

  • ほほえみ WAKUWAKU やいづ愛 ~豊漁と交流でにぎわう潮風のまち
  • 幸せあふれる 潮風のまち こころの港 ~誰もがイキイキ主人公~
  • いいとこ いいもの いいひと「いっぱい」 ~海山川で織りなす文化 笑顔あふれる 活きなまち~
  • はばたけ!駿河一の港町 豊かな風土と文化が結ぶ笑顔の理想郷 ~やっぱり いいね やいづって~
  • ずっとこのまちが好き 黒潮の幸を届ける活きがイイまち ~みんなが主役、優しさで支え合うまち~

発表資料及び共感度の視点

発表資料

発表用に以下の資料を作成し、将来都市像と込められた想いをまとめてもらいました。

発表資料

共感度の視点

市民委員の共感度が最も高い将来都市像を決定するために、

以下の7つの視点(基本3つ、特色4つ)により、市民委員の共感度はかりました。

基本
  • 誰でもわかりやすい表現となっているか(意味や文のつながりなどについて)
  • 市の計画(市民・事業者・行政が目指すまちづくりの指針)として適切な言葉になっているか
  • 特定分野の将来都市像ではなく、まちづくりの全体像を示しているか
特色
  • 焼津らしさが伝わるものになっているか(歴史や文化などの地域特性や独自性があるか)
  • 焼津市の現状や環境変化を踏まえたものになっているか(地域内外の両面性を配慮しているか)
  • インパクトについてはどうか(将来に夢や希望が持てるような表現か)
  • アピールポイントへの共感度

発表の様子

発表風景1

発表風景2

発表風景3

発表資料1

発表資料2

発表資料3

お問い合わせ

所属課室:焼津市総合政策部政策企画課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館4階)

電話番号:054-626-2141

ファクス番号:054-626-2185

Email:kikaku@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?