• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 住まい > 焼津市結婚新生活支援事業

ここから本文です。

更新日:2020年6月11日

焼津市結婚新生活支援事業

焼津市では、結婚に伴う経済的負担を軽減するため、新婚世帯に対して、住居費および引越費用の一部を補助します。

補助対象世帯

対象となる世帯は、次の条件を全て満たす必要があります。

  • 令和2年1月1日から令和3年3月10日までの間に婚姻届を提出し、受理された夫婦であること。
  • 婚姻届が受理された日において、夫婦の年齢がともに34歳以下であること。
  • 補助金交付申請時点において、夫婦がともに焼津市に住所を有していること。
  • 新婚世帯の合計所得額が340万円未満であること。(注)

(注)貸与型奨学金を返済している場合は、世帯の所得額から控除します。

世帯の及び夫婦の双方又は一方が離職し申請時において、無職の場合は所得なしとして算出します。

  • 過去に焼津市結婚新生活支援補助金の交付を受けている世帯でないこと。

詳しくは、焼津市結婚新生活支援補助金要綱(PDF:88KB)をご覧ください。

補助金の額

住居費(取得費または賃借費)及び引越費用を合算した額とし、1世帯あたり、30万円を上限とします。

補助対象費用(令和2年1月1日から令和3年3月10日の間に支払われた分)

1.結婚を機に新たに焼津市内に住宅を取得した際に要した費用

2.婚姻を機に新たに焼津市内に住宅を賃借する際に要した費用(賃料、礼金、共益費及び仲介手数料)

(注)勤務先から住宅手当が支給されている場合は、その額を除く。

3.引越しの費用(引越業者又は運送業者への支払った費用)

申請期間

令和2年7月1日(水曜日)から令和3年3月10日(水曜日)まで

ただし、予算額に達した時点で受付を終了します。

申請の手続き

補助金交付申請書兼実績報告書(第1号様式)に次の書類を添えて、政策企画課まで提出してください。

条件の確認等がございますので、申請前に事前にご相談ください。

共通

  • 婚姻届受理証明書又は婚姻後の戸籍謄本
  • 住民票の写し(世帯全員の記載があるもの)
  • 夫及び妻の令和2年度の課税(所得)証明書(令和元年分の所得額を明らかにすることができる市町村の長が発行する所得を証明する書類)
  • 貸与型奨学金の返済額が分かる書類(貸与型奨学金を返済している場合)
  • 離職票の写し(結婚を機に離職し、申請時に無職の場合)
  • 引越費用に係る領収書の写し(引越費用に係る補助金の交付申請を行う場合)

住宅を購入した場合

  • 住宅の売買契約書及び領収書の写し

住宅を賃貸した場合

  • 住宅の賃貸契約書の写し
  • 賃料等の領収書又は支払額が確認できる書類の写し
  • 夫及び妻の住宅手当支給証明書(第2号様式)

申請書等

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市行政経営部政策企画課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館4階)

電話番号:054-626-2141

ファクス番号:054-626-2185

Email:kikaku@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?