• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 防災・防犯 > 静岡大学大学院理学研究科・防災総合センターによる津波堆積物調査について

ここから本文です。

更新日:2015年4月9日

静岡大学大学院理学研究科・防災総合センターによる津波堆積物調査について

地震・津波に関する安心情報

~津波堆積物見つからず~

静岡大学大学院理学研究科・防災総合センターの北村晃寿(きたむらあきひさ)教授が平成26年9月に焼津市内で津波堆積物調査を実施し、市内9地点で古い年代の津波の痕跡を調査しました。

調査はボーリング機械で地面を掘削して行われ、深さ8、9メートルまでのコア(地質の柱状サンプル)を採取して分析した結果、どの地点からも津波堆積物は見つからず、調査地点では過去約3千年以内に巨大地震による浸水はなかった可能性が高い事が示されました。

静岡県第4次地震被害想定では津波による浸水が想定され、古文書でも1498年の明応地震などで市内が浸水したとされています。昨年度に引き続き、焼津市では平成27年度に北村教授と連携して津波堆積物調査をする事で、焼津市が過去に巨大地震による被害を実際に受けた事があるかをより詳しく調べ、市民の皆様に地震・津波に関する情報をお知らせします。

調査日時、調査場所などの詳細については、決定次第お知らせします.

津波堆積物とは?

地層中に保存された過去の津波痕跡で、その分布調査や年代分析を行う事で、過去の津波による浸水範囲や発生時期を推定する事ができます。

平成26年9月に津波堆積物調査を実施した地点

No. 調査地点
1 若宮神社正面空地
2 中里会館
3 水田
4 阿弥陀寺
5 新屋公園
6 本町三丁目空地
7 貞善院駐車場
8 天王の杜公園
9 本町南公園

津波堆積物調査地点(PDF:130KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市危機管理部危機政策課

住所:郵便番号425-0041 静岡県焼津市石津728-2(消防防災センター2階) 

電話番号:054-625-0128

ファクス番号:054-625-0132 

Email:kikiseisaku@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?