• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 暮らし > 防災・防犯 > 東海地震に備えて(防災体制など)

ここから本文です。

更新日:2017年3月24日

東海地震に備えて(防災体制など)

防災体制などについてお知らせします。

同報無線の概要

現在市内には183局の屋外受信局を設置し、情報を伝達しています。

地震や津波に関する情報、避難勧告などの緊急放送を行うとともに、行方不明の通報依頼などを放送しています。

同報無線は市役所に設置されている地震計に連動しており、地震発生時には自動的に作動し、あらかじめ設定されている地震の強さに応じて、3段階の通報を行い、注意を促します。
また津波対策としても、気象庁が発表する津波注意・警報を受信し、自動的に同報無線が作動し通報を行い注意を促します。 

同報無線

地域防災無線の概要

地域防災無線は、消防防災センターに設置した基地局と、市出先機関や学校、公民館、コミュニティ防災センターおよび防災関係機関や、ライフライン関係機関(電話や電気、ガスなど)、生活関係機関(スーパーなど)に設置され、災害時の情報伝達手段として活用することができます。 

統制台

備蓄食料

避難地となる小中学校などに一部分散して配備されています。
家庭でも7日分の食料(うち非常食を3日)と1人1日3リットル分の水を準備しておきましょう。

種類 数量
アルファ米 150,000食
サバイバルフーズ 227,400食

(2016年4月1日現在)

トイレ

簡易組立トイレ184台(そのうち67台は障害者用)
非常用排便袋868セット(そのうち548セットは分散配備)

お問い合わせ

所属課室:焼津市危機管理部危機対策課

住所:郵便番号425-0041 静岡県焼津市石津728-2(消防防災センター2階)

電話番号:054-623-2554

ファクス番号:054-625-0132

Email:kikitaisaku@city.yaizu.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?