• 子育て
  • 観光
  • 防災

ホーム > 産業・観光 > 建築物 > 建設工事の検査に関すること

ここから本文です。

更新日:2019年6月5日

建設工事の検査に関すること

焼津市では、市が発注する道路や河川、上下水道、公園、建物などの公共工事について、工事途中で行う中間検査や完成後に行う完成検査を実施しています。
この検査では、主に設計図書や仕様書の基準に合った適切な構造物であるかなどの確認を行っています。

検査の対象

焼津市が発注する請負金額130万円以上の建設工事など

検査の種類

検査の種類 検査の内容
完成検査 工事の完成を確認します
既済部分検査 工事途中での工事の一部が完成し引渡しを受ける時などに行います
出来形検査 工事途中で工事請負代金の一部を支払う時に行います
中間検査 工事の施工中で適正に工事が行われているか確認します
材料検査 工事材料や製品が適正であるか確認します
その他の検査 130万円未満で他の課が検査出来ない時、契約検査課が検査を行います

検査の状況

(中間検査)上層路盤工:密度試験、幅員を確認しています。

 

(完成検査)空気弁設置工:設置位置の高さ確認をしています。

 

(完成検査)完成図書:書類、写真等の検査を行っています。

検査の件数

 

検査の種類

2016年度(平成28年)

2017年度(平成29年)

2018年度(平成30年)

完成検査

256件

261件

249件

平均点

76.1点

75.9点

76.3点

既済部分検査

12件

12件

10件

出来形検査

8件

4件

1件

中間検査

134件

162件

116件

材料検査

6件

8件

6件

その他検査

12件

3件

21件

428件

450件

403件

 

工事成績評定

公共工事の適正な施工を確保するため、2013年度(平成25年度)に工事の成績評定を改定しました。

工事査察

焼津市が発注した工事した当初請負金額500万円以上を対象として任意に選択し、施工中の工事現場において、施工状況、施工体制、工事用表示看板など必要な掲示物が適正に行われているか調査します。

なお、低入札価格調査(調査基準価格)以下および公衆損害事故のあった請負業者、前年度工事で「やや劣る」の評価を受けた請負業者を優先的に査察をしています。

sasatu1

【査察】建設業の許可票、施工体系図など必要な掲示物の確認を行っています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:焼津市総務部契約検査課

住所:郵便番号425-8502 静岡県焼津市本町2-16-32(市役所本館3階)

電話番号:054-626-1119

ファクス番号:054-626-1136

Email:keiyaku_kensa@city.yaizu.lg.jp
※本文、添付ファイルを含め、10メガバイトを超えるメールは受信することができません。また、10メガバイト以下であっても、セキュリティシステムの機能上受信できない場合があります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?